« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

「号泣元県議」騒動に見る司法の劇場化(2)

 「号泣元県議」は公訴事実を否認しました。おまけに被告人質問における答弁もまったくもって「ちぐはぐ」です。全然訳が分からない…と言っても過言ではないでしょう。弁護人はかなり苦慮したのではないかと思います。この事件では、総被害額とされる金額に利息まで付して1800万円以上がすでに全額弁償されています。公訴事実で摘示された起訴被害額は900万円余りですが、その2倍もの被害弁償を行っているわけです。

 このように被害弁償を終えている状況下で、被告人が罪状を認めて謝罪し、素直に反省の弁を述べるなら、前科前歴のない被告人には間違いなく「執行猶予付判決」が待っていたと思われます。私が弁護人であれば、被告人に対してそのような「弁護方針」を勧めたでしょう。

 そもそも詐欺などの財産犯については、その手口や件数及び被害額・被害感情等もさることながら、「被害弁償の多寡」が量刑を決めるにあたってかなり大切な要素となります。ですから私たち弁護士は、被疑者・被告人に対し、被害弁償の実施を強く求めるのが常です。被害者にとっては被害を回復する限られたチャンスですし、弁償を受けることで被害感情も少しは和らぎます。

 ですから、裁判所も被害弁償という要素を重視することになります。被害弁償の努力もしない被告人に甘い量刑をしたり、逆に、一生懸命被害弁償をした被告人に加重な量刑を科したりはしません。そんなことをすると、「な~んだ量刑にあたって被害弁償なんかどうでもいいのか…」などと、被害弁償が軽んじられる結果、被害者が被害を回復する限られたチャンスを奪うことにもなり兼ねないからです。

 どうやら「号泣元県議」は、警察での捜査段階では全面的に「自白」していたようです。ところが、書類送検された後、検察官の取り調べの際、突如「否認」に転じたとか(そのため警察は捜査を一からやり直し「証拠固め」に奔走したと聞いています)。こうして迎えた初公判をドタキャンしたうえ、勾引されて出廷した公判の罪状認否でも「否認」したうえ、一般人には理解しがたい「弁解」を並べ立てているという構図になります。

 このような「号泣元県議」の行動は、どう考えても一貫性・整合性を欠くものであり、事実認識にひずみがあって合理的に思考することが困難ないしは不可能、そして感情すらうまく制御できない状況にあると感じられます。端的に言うなら、彼自身、何らかの「精神的疾患」を抱えているのではないか…と考えざるを得ないのです。

 世界中の耳目を集めた例の「号泣会見」を見ても、彼がパニック状態に陥り自分の感情をコントロール出来ず、泣き喚く結果になったことが容易にわかります。この彼のリアクションが余りに並外れていたため、マスコミは面白がって彼を「晒し者」として扱い、世間もこれを受け入れて同調してきました。

 これは、私には「社会的なイジメ」としか映りません。彼がみずからの罪を償うべきことは当然ですし、政務活動費の問題は見逃せませんが、マスコミや世間の興味はそういった点にあるわけではなく、みんなで寄ってたかって彼のリアクションを嘲笑し、楽しんでいるとしか思えないのです(つづく)。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

| | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金)

「号泣元県議」騒動に見る司法の劇場化(1)

 裁判所も「世間の顔色」を伺いながら仕事をする時代になったんですね。もちろん「市民が主役」の「裁判員裁判」が導入されたときから、司法のカタチは大きな「変容」を遂げたわけですが、最近は裁判所も「劇場化」の様相を呈することが多く、なんだかなぁ…と思ってしまう私です。

 前回の公判を欠席した「号泣元県議」に神戸地裁が「勾引状」を発付したことは異例の措置です。故意であれ過失であれ、在宅起訴された被告人が公判を欠席することは一定数発生します。しかし、たった一回の公判欠席を理由に勾引状が発付された案件は寡聞にして知りません。一般的な刑事事件では、在宅起訴された被告人が3回くらい公判に欠席しなければ勾引されることはないと言われてきました。

 在宅起訴された被告人が公判期日に出頭しなかったという苦い経験は、私自身が担当した事件でもありましたが、それで裁判所から勾引を示唆された経験はありません。良いか悪いかは別にして、今回の措置がこれまでの「実務慣行」から外れた異例のものだということがわかって戴けると思います。

 マスコミ報道が過熱する中で、世間もこの事件を大いに注目しています。前回もそうでしたが、1月26日の公判当日は、たくさんのマスコミ関係者が神戸地裁の周りを取り囲み、駐車場にはTV各社(NHK、MBS、ABC、KTV、YTV、SUNTV)の衛星中継車がずらりと並んで、リアルタイムにニュース映像を配信する準備が整っていました。

 通常の刑事事件の場合は、神戸地裁の記者クラブに所属するTV・ラジオ・新聞各社の記者が傍聴席の一部を占める程度です。法廷内のビデオ映像は「代表取材」として1台のTVカメラで撮影されます。その映像も公判が開始される直前を撮影できるだけで、その後はTVカメラは追い出されてしまいます。そんなわけで、普段はそれほどたくさんのマスコミが裁判所を囲むことはありません。

 ところが、本件に関しては、地元のTV・ラジオ・新聞各社だけでなく、東京のTV局やワイドショー制作会社などのTVカメラ、そして週刊誌や夕刊紙などのスチルカメラまでわんさかと押し掛け、地裁前の歩道は「すし詰め」状態でした。

 このように「ギャラリー」が余りに多過ぎると、裁判官も神経過敏になり感覚が狂うのかも知れません。「号泣元県議」が「公の場」に登場するのを待ちわびる世間に気を使ってのことか、あるいは前回の公判欠席で「なめられた」と思い頭に血がのぼったのか、いずれにせよ今回の勾引状発付は、裁判所の「行き過ぎ」だったのではないかと私は考えています。

 裁判所が「世間の目」なんぞ気にせず「超然」としていた時代は終わりを告げ、「市民に開かれた」裁判所は「世間の顔色」に気を配り、世間があっと驚く「パフォーマンス」にまで手を染めてしまうのか…などと嘆きたくなるのは私だけでしょうか(つづく)。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

| | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

ベッキー騒動に見るLINEの怖さ

 タレントのベッキーさんが不倫騒動の渦中にあって、CM各社がベッキーさんとの契約関係を打ち切る動きも加速し、もはや「清純タレント」のイメージは粉々に飛び散ってしまった感があります。私自身もベッキーさんには好感を持っていましたので、今回の騒動については複雑な心境です(涙)。

 とはいえ、私自身がもっと気になるのは、流出したLINEにおける会話の内容そのものではなく、どうしてここまで克明にLINEの内容が流出したのだろうか…という疑問です。最近はスマホのメール画像などが裁判の証拠として提出されることも珍しくありません。むしろスマホのメールやスマホで撮った写真などから「不倫」が発覚することが多い…と言うのが正確な言い方でしょう。しかし、その場合に主流となるのは物理的な意味での「盗み見」です。メールなどの画面をこっそり写真に撮ったものが証拠として提出されるのが実情です。

 しかし、今回週刊誌に掲出された画面は、スマホのキャプチャー画像のように見えるのですが、トークのやり取りが何日分かあって、その内容もかなり詳細に押さえられています。ベッキーさんの記者会見前日のトーク内容があれほど具体的に出てくるなんて、いったい、いつどのように「盗み見」をしたんだろう…と不思議に感じてしまいます。それよりも、むしろデータそのものが遠隔操作等で盗まれたと考える方が自然じゃないか…などと思ってしまうわけです。

 この点、LINE社は、LINEがスマホ端末のほかPCやタブレット端末によっても使えること(マルチデバイス対応)を前提にしつつも、スマホ以外のデバイスからログインする場合には、「登録メールアドレス」と「パスワード」が必要となること、またデバイス利用の初回時には「PINコード」(ランダムな数字等)をスマホのLINEアプリから入力し、認証する必要があること、そして、他のデバイスからログインした際には、本人のスマホのLINEアプリに通知が届くこと…などを理由に、本人が知らないところでPCなどを通じてトーク内容が閲覧される可能性は限りなく低い…などと説明しています。

 なるほど、LINE社も従前に起きた「乗っ取り」や「なりすまし」の騒動に対応すべく、それなりの手は打っているわけですね。でも、本当にLINE社の言う「安全策」だけでLINEデータ流出が完全にブロックできるか…と言えば、必ずしもそうとは言い切れません。ひとつの「安全策」が打ち出されると、今度はそれのウラをかく「奇策」を編み出す輩がいるものです。そういう人たちの手にかかれば、相手がスマホを置いて5分程席を離れている間にLINEのトークを常時監視するための手順を完了することもけっして不可能ではないのです。

 LINEは便利なアプリであり、我が国ではスマホ所持者の9割が利用しているとの統計もあるようです。ただ「便利さ」だけにかまけて、「安全策」に対する気構えをおろそかにしていると、いつのまにか自分のプライバシーが誰かに「覗き見」されてしまうかも知れないことをどうぞお忘れなく!

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

| | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »