« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

上告&上告受理があぶない!

 先週の22日のことですが、大阪高裁が「素晴らしい判決」を出しました。兵庫県立龍野高等学校に通っていた女性(24)と、そのご両親が兵庫県に損害賠償を求めていた国賠訴訟の控訴審判決です。女性は2007年(平成19年)5月当時、高2でテニス部の主将でしたが、練習を開始した正午から3時間後に突然倒れ、心停止となって救急搬送されました。女性はこの事故による「低酸素脳症」が原因で「寝たきり」となり、現在も24時間介護が必要な状態にあります。一審の神戸地裁判決では、女性側が敗訴しましたが、大阪高裁はこれを変更し、将来の介護費用や慰謝料など約2億3千万円の支払いを命じたのです。

 大阪高裁の森宏司裁判長は、搬送先の医師の意見を汲み、女性が「熱中症」に罹患したと認定し、練習開始の約30分後に出張のため現場を離れた顧問の教諭に指導義務違反があったことを認めました。通常の練習は夕方でしたが、当日は日差しの強い時間帯に練習が設定されていたことを指摘のうえ、負担の重い練習内容を主将だった女性に指示しながら、水分補給のための休憩時間を設けなかった点を顧問教諭の指導義務違反と判断したものです。

 さて、一審判決はどうだったかと言うと、神戸地裁は「熱中症」とは認めず、問題の「練習内容」についても「過酷で厳しいものとは言い難い」と指摘したうえ、学校側の過失は認められない…などと判断していました。昨年1月の神戸地裁の判決内容には「え~、そりゃないやろぅ~」と憤っておりましたので、今回の大阪高裁判決には、本当に胸のすく思いがしました。私自身はこの裁判に何も関与していませんが、私の良く知る弁護士たちが一生懸命に取り組んできた事件だけに、感慨も一入(ひとしお)というところです。

 しかし、これで裁判が終わりと言うわけではありません。兵庫県側が上告あるいは上告受理の申立てをする可能性があるからです。もうこれ以上、原告の女性やご両親を苦しませて欲しくない…との思いでいっぱいです。

 上告期限は最短の場合で2月5日です。どうか兵庫県には上告や上告受理申し立てを断念して戴きたいと願うばかりです。皆さんにも、別紙のFAXを兵庫県教育委員会に送って戴ければ幸いです。どうぞよろしくご協力をお願い申し上げます。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!

| | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »