« 「明日ママ」があぶない(4) | トップページ | 「明日ママ」があぶない(6) »

2014年2月 3日 (月)

「明日ママ」があぶない(5)

 一つだけはっきりしていることがあります。それは、少なくとも日テレが「赤ちゃんポスト」の慈恵病院にはまったく取材をしていない事実です。この点は慈恵病院の関係者が明言しています。

 ちなみに、日本テレビの「明日、ママがいない」のWEBページを見ると、その「イントロダクション」には次のように書かれています。「児童養護施設/そこは、親のいない子どもたちが暮らす場所/その数は全国で約600件、生活する児童の数は3万人を超えている/子どもたちがやってくる理由のほとんどは―――虐待だ」と。

 実は、平成24年10月現在、児童養護施設で生活する児童の数は29,939人であり3万人を割っています。この数字は、厚生労働省「社会的養護の現状について」(平成25年3月版)から引用しました。同じ統計によると、児童養護施設の入所児童数はここ数年減少傾向にあり、3万人を割ったのは平成23年以降です。上記イントロダクションの「3万人を超えている」との記述は、前提となるデータが少し古く、この点だけでも調査不足であることが明らかです。また、このことから専門家の意見を聴いていないこともわかります。

 参考までに、ウィキペディアで「児童養護施設」を検索してみると、「厚生労働省『社会福祉施設等調査』では、2008年10月1日現在、児童養護施設は569施設、入所定員は33,994人、在所児(者)数は30,695人(在所率90.3%)である。」と、少し古いデータが記載されています。まさか、日テレがウィキペディアのデータをそのまま「丸写し」することで調査を済ませたなんて、とても信じたくないところですが…。

 いずれにせよ、調査や取材を十分に行わずして、安易に「タブー」に挑戦したり、やみくもに「時代」を斬ってもらっても困るんですよね。(…もう少し続きます)

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 「明日ママ」があぶない(4) | トップページ | 「明日ママ」があぶない(6) »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/59063795

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日ママ」があぶない(5):

« 「明日ママ」があぶない(4) | トップページ | 「明日ママ」があぶない(6) »