« 神戸市役所があぶない | トップページ | 「拙速」があぶない »

2013年12月13日 (金)

ちょっと素敵なお話

 警察については、いつも「不祥事」ばかり取り上げていますが、日本の警察は基本的にはたいへん優秀です。さらに言うなら、とても親切です。世界で一番親切なのは、たぶん日本の警察だと私は思っています。今日はそんな素敵なお話をご紹介します。

 A子さんは米国在住の日本女性ですが、この12月に里帰りで日本へ一時帰国しました。滞在期間中に親友のB子さんと会い、その際、一足早い「年賀状」をもらったのですが、その後に訪れた旅先で、A子さんは大事な「年賀状」を落としてしまいました。

 その「年賀状」の宛名欄は真っ白な状態で、宛先は書かれていません。しかし、裏面にはB子さんの住所と名前が書かれていたため、B子さんのところに警察署からすぐに電話がありました。事情を理解したB子さんはA子さんの携帯電話を鳴らします。

 「A子、あなた私の年賀状落としたでしょう?」「え? なんでわかったの?」「警察署から電話があったのよ、取りに行ける?」「大丈夫、明日までここに居るから」

 かくして、A子さんは翌日、その警察署を訪れ、無事に「年賀状」を受け取りました。たまたま落とした場所が警察署の近くで、拾ってくれたのが警察官だったことが幸いして「事件」は「スピード解決」となったわけです。

 本当に小さな小さな「事件」です。でも、これこそ親切な日本の警察ならではの、たいへん素敵なお話だと私は思います。A子さんは「日本人で良かった」と、笑顔で米国に帰って行きました。

 ありがとうございます。松山東警察署の皆さん!!

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 神戸市役所があぶない | トップページ | 「拙速」があぶない »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/58748191

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと素敵なお話:

« 神戸市役所があぶない | トップページ | 「拙速」があぶない »