« 「ニセ税務署」があぶない | トップページ | 国会の「野次」があぶない »

2013年12月 2日 (月)

「喫煙席」があぶない

 昨日は日曜だったので、久々に近くのファミリーレストランで昼食を摂りました。もう13時前というのに結構「お待ち」が出ていました。店員さんが盛んに「喫煙席なら空いておりますが」とお勧めしてくれますが、誰も一向に動こうとしません。
 このお店はざっと150席近くあって、その2割くらいが「喫煙席」でした。「禁煙席」が満席なのに対し「喫煙席」は4分の1くらいしか埋まっておらず、ほとんどガラガラの状態です。まあ、日曜の昼どきで、ほとんどが子連れのファミリーですから、「喫煙席」の選択はあり得ないのでしょう。

 昔は、喫煙者のオトーさんのために、家族みんなが我慢して「喫煙席」に付き合ったものですが、最近は、オトーさん一人が我慢すれば良いことに、みんなが気づいてしまったんですね。また、喫煙者のオトーさんもあちらこちらで「肩身が狭い」状況に慣れちゃってますから、たまの日曜に家族でファミレスに行くのに、別に「喫煙席」にこだわる必要もないのです。

 こういった社会情勢の変遷をつぶさに見るならば、ファミレスの経営者としては、ちゃんと我慢のできる「お利口な」オトーさんをターゲットにすれば足りるわけで、「この店は客にタバコの一本も吸わせんのかい!」などとグチグチ文句を垂れるオッサンは、来店してくれなくても構わない…と腹をくくってしまえば良いのです。

 つまり、日曜・祝日のピーク時に、多数のお客さんを待たせてまで(あるいは逃がしてまで)「喫煙席」を死守する必要性は乏しく、たとえば日曜・祝日は「全席禁煙」にしてしまうという選択肢だって十分にあり得るのです。

 かくして、もはや「絶滅危惧種」となった喫煙者の「保護政策」は、どんどん手薄になって行ってしまうわけですね(笑)。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 「ニセ税務署」があぶない | トップページ | 国会の「野次」があぶない »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/58683493

この記事へのトラックバック一覧です: 「喫煙席」があぶない:

« 「ニセ税務署」があぶない | トップページ | 国会の「野次」があぶない »