« 「イーモバイルの解約」があぶない(2) | トップページ | 「イーモバイルの解約」があぶない(4) »

2013年9月26日 (木)

「イーモバイルの解約」があぶない(3)

 やっとのことで、「解約申請書」の郵送を終えました。故人が亡くなって、ここまで漕ぎ着けるのに何と5か月超です。もちろん、その間、サービスは使っていなくとも、利用料金のカウントは続いています。イーモバイル側が、あ~でもない、こ~でもない…と引き伸ばし続けてきた理由の一つは、その点にもあるのでしょう。

 でも、これで、ようやく「めでたし、めでたし」ですよね。…などと喜んでくださったアナタは、お人好し(涙)。フフフ…、まだまだ「解約地獄」は続くのです。数日後、担当者と名乗る人物から電話がかかってきます。「解約申請書は受領しました。ついては、あなたのID(免許証など)の写しを送ってください」とのこと。「それは、もう前に送りました」と答えると、「担当が変わったので、前のことはわかりません」と、一歩も譲らないのです。

 さらに驚いたことに、新しい担当者は「今回の解約申出を撤回して、利用を継続することもできますよ」などと、またまた「引き伸ばし策」を開始します。え? また最初から…と心が折れそうになりましたが、ここで負けてはならじ…と不退転の意を決し、「免許証のコピーを送ります!」と叫ぶように言って、ようやく電話を切ることができました。

 もう、ホントにすごいでしょ。「投機マンション」の悪徳セールスマンもびっくり…の「押しの強さ」じゃないですか。でも、最終的に免許証のコピーを送ることで、今度こそ、手続が全部終わりです。これで、延々、半年近くもかかった「解約地獄」から解放されるわけです。

 ええ。確かに「解約地獄」からは解放されました。しかし、その結末は、なんということでしょう…(つづく)。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!

http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 「イーモバイルの解約」があぶない(2) | トップページ | 「イーモバイルの解約」があぶない(4) »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/58268693

この記事へのトラックバック一覧です: 「イーモバイルの解約」があぶない(3):

« 「イーモバイルの解約」があぶない(2) | トップページ | 「イーモバイルの解約」があぶない(4) »