« カラ・コンがあぶない | トップページ | 冤罪があぶない(1) »

2013年8月15日 (木)

終戦記念日に想う

 高校野球中継の観戦中に「黙祷」の号令が掛かり、今日が「終戦記念日」であることを改めて確認しました。毎年、神戸新聞は「終戦記念日」に向けての特集記事を組んでくれるので、実は、私自身の涙腺はずっと、ゆるみ放しなのです(涙)。

 今年、安倍首相は靖国神社への「参拝」を見送り、玉串料の奉納のみにとどめました。「国のために戦い、尊い命を犠牲にされたご英霊に対する感謝の気持ちと尊崇の念の思いを込めた」とコメントされていますが、首相という立場から「参拝」を見送らざるを得なかった「無念」をひしひしと感じます。

 安倍首相が、全国戦没者追悼式の式辞で、アジア諸国の人々に与えた損害と苦痛に対する「反省」を述べなかったことを非難ないし批判するのが、我が国のマスコミの論調のようです。

 しかし、今回、戦没者に語りかけながら、世界の恒久平和を誓うスタイルをとった安倍首相の式辞には、一定の評価をすべきである…と、私自身は思っています。私たちにとって、まずは先の大戦で犠牲になった「同胞」戦没者への哀悼が先に立つことは、仕方のないことだと思うのです。

 これまで、中国・韓国を始めとするアジア諸国に対する「反省」「謝罪」は、日本政府として欠かしたことはありません。それが大事だということは良くわかりますが、それだけが何時、如何なる時も最優先だ…と言われても困ってしまいます。

 せめて「終戦記念日」くらいは、私たちが「同胞」に対する思いを率直に吐露することを許してもらっても良いと思うのですが。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« カラ・コンがあぶない | トップページ | 冤罪があぶない(1) »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/57999317

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日に想う:

« カラ・コンがあぶない | トップページ | 冤罪があぶない(1) »