« 「闇夜のカラス」があぶない | トップページ | 一票の価値 »

2012年12月13日 (木)

忘れてはいけない!

 私たちの記憶には、「意味記憶」と「エピソード記憶」の2種類がある…と聞いたことがあります。「意味記憶」は、いわば知識の記憶です。覚えようとして覚えるものですから、繰り返し記憶する努力をすることで「意味記憶」は定着しやすくなります。

 他方の「エピソード記憶」は主として個人的な経験に基づく記憶です。特に意識をしなくても自然に記憶するものです。また、「エピソード記憶」は、事実だけでなく感情の記憶をも含むため、忘れにくいという特徴があるようです。

 ただ「エピソード記憶」にも弱点があります。それは、もともと個々具体的な記憶なのですが、同じような経験が何度も重なると、個々の記憶の独自性が失われがちになることです。たとえば、ハワイ旅行がたった1回だけだと、その時に嬉しかったこと、楽しかったことなど、具体的な記憶がすぐに蘇ってくるものですが、10回も20回もハワイに行ってると、それぞれの記憶が混同されてしまい、あれは何時のことだっけ…ということになってしまいます。

 しかしながら、女性は特に「感情面」との絡みで「エピソード記憶」がしっかりと残る傾向が強いようです。男性の側がとっくに忘れてしまったことでも、女性の側は「絶対に忘れないゾ!」という強みがあります。男性の「ウソ」や「言い逃れ」が女性に通用しない場面が多いことにも、キチンとした理由があるんですね(笑)。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 「闇夜のカラス」があぶない | トップページ | 一票の価値 »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/56310742

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れてはいけない!:

« 「闇夜のカラス」があぶない | トップページ | 一票の価値 »