« 神戸マラソン走ってきました(完) | トップページ | 忘れてはいけない! »

2012年12月11日 (火)

「闇夜のカラス」があぶない

 先日の夜のこと、阪神高速道路の生田川入口から東行走行車線に合流しようとした際、私の自動車のすぐ右隣を何か得体の知れない黒い物体が併走していることに気づきました。気づくのが一瞬でも遅れていたら、私はその黒い物体に衝突していたと思います。

 それは、上から下まで黒づくめのバイクでした。車体はもちろん、ヘルメットからジャンパー、皮ツナギ、ブーツに至るまで真っ黒。まさに「闇夜のカラス」です。昼間に見ればかなり恰好いいのでしょうが、夜間は危険極まりありません。

 同じことは歩行者にも言えます。冬場は特に黒やグレーのコートが目立ちますが、目立つと言っても「数が多い」という意味であって、夜目にはまったく「目立たない」ので危険です。特に夜間に雨が重なって、黒っぽい雨傘をさしたら、もう最悪ですね。歩行者の視界が狭くなるうえ、自動車からの視認が困難になりますから、いつ事故が起きても不思議はありません。

 そんなわけで、私は夜間のジョギングの際には、必ず白っぽい上下に身を包むようにしています。最近は、反射材を縫い込んだウエアもありますから、安全面での配慮が向上していると言えるでしょう。

 さて、衆議院選挙が近づいてきました。争点としては景気・雇用対策がトップで、外交・安全保障、エネルギー政策と続きます。脱原発あるいは脱原発依存を掲げる政党が多い中、それぞれの主張や政策の差が見えにくく、まるで「闇夜のカラス」状態ですね。

 他にも「多勢を頼む群れカラス」(数をバックにつまらない者がのさばる)、「鵜のまねをするカラス 」(自分の能力をかえりみず他人のマネをして失敗する)など、カラスをめぐることわざは現代政治を象徴するようですが、「カラスの請け合い」(引き受けたことを忘れる)だけは、御免こうむりたいところです。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 神戸マラソン走ってきました(完) | トップページ | 忘れてはいけない! »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/56297850

この記事へのトラックバック一覧です: 「闇夜のカラス」があぶない:

« 神戸マラソン走ってきました(完) | トップページ | 忘れてはいけない! »