« 「言い換え」が面白い? | トップページ | 学校に期待してはイケナイ »

2012年7月24日 (火)

「イジメ」は無くせない!

 おとなの世界を見ればわかりますが、「イジメ」は決して無くせません。以下は、私自身の勝手気ままな「持論」であり、心理学等の専門家のような根拠を踏まえた「論考」ではありませんので、その点は「眉つば」ものとしてお読み飛ばしください(笑)。

 私は、人間の感情として最も怖いのは「嫉妬」だと思っています。他人と自分を比べて、その格差(客観的に格差があるのか、主観的にそうと感じるだけか…は別にして)に心を痛め、それが相手に対する「反感」として、まずは大きなエネルギーになります。

 反感を覚える相手のことは、何かにつけ「否定」したくなるのが「嫉妬」の本質です。これは、あくまで自分の「存在感」を守るための作用ですから、反感を抱く相手の存在をなんとか自分の中で「否定」することが出来るならば、それはそれで、お互いの関係を安定化させる材料になります。例えるなら「面従腹背」によって保たれるバランスのようなものです。

 ところが、自分より明らかに「上位」に位置する(と感じられる)相手に対しては、もはや「戦意」は失せてしまいます。もはや相手を「尊敬」するか、自分を「卑下」するしかありません。「尊敬」の方向へと思考や感情が動いてくれれば、それはそれで、なんとか安定化が図れます。

 しかしながら、自分を「卑下」する状況は、明らかな「敗北」であり、個体としての大きな「危機」なのです。そうすると、この状況を打破して「危機」を脱する必要が生じます。「自己否定」を避けるためにも、自分自身に「優越感」を与えてくれる対象を探し出したい…という大きな衝動に駆られるわけです。

 これが、そもそもの「イジメ」の端緒であり構造です。「弱いものイジメ」という言葉が指し示すとおり、自分より「格下」の相手を見つけ出し、その相手より「優位」にあることを確認したい…という欲求が「イジメ」を生み出すのです。

 ですから、人間から「嫉妬」という感情を取り除かない限り、「イジメ」も無くなりません。「嫉妬」が無くなることはあり得ませんので、「イジメ」も「常在悪」として存在し続けるもの…と覚悟しなければならないのです。

 「イジメ」は悪いものだから、無くすべき…という考えは正しいと思います。しかし、それは、毎日ちゃんと掃除しても、どこからかやってきては溜まるホコリのように、繰り返し繰り返し「掃除」を続けなければならないものなのです。「ああ、これでイジメが無くなった」という安堵は、未来永劫、絶対に訪れません。そのような覚悟で「イジメ」に取り組まない限り、「悲劇」は繰り返される…と私は考えます。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 「言い換え」が面白い? | トップページ | 学校に期待してはイケナイ »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/55272428

この記事へのトラックバック一覧です: 「イジメ」は無くせない!:

« 「言い換え」が面白い? | トップページ | 学校に期待してはイケナイ »