« 「不平等条約」の今昔 | トップページ | 「言い換え」が面白い? »

2012年7月22日 (日)

「言葉の言い換え」があぶない

 「痴漢は犯罪です!」というポスターに出会いました。「痴漢」って、実は定義があいまいで広いのです。電車の中などで女性の身体に触れるのは、その程度に応じて迷惑防止条例違反だったり強制わいせつだったり、下半身を見せてよろこぶのは公然わいせつ、スカートの中を盗撮するのは迷惑防止条例違反…等々、いずれもれっきとした犯罪です。

 たとえば「万引き」「ねこばば」「カツアゲ」なども、「窃盗」「占有離脱物横領」「恐喝」といった犯罪ですが、きちんとした「罪名」で呼ばないと、何かオブラートに包まれたようになって「罪悪感」を薄める方向にもなりかねません。

 現在、学校での「いじめ」が大きな問題になっていますが、その具体的な中味を見てみると、暴行・傷害・逮捕監禁・恐喝・強要・自殺教唆・強制わいせつ…等々、れっきとした「犯罪行為」です。それが「いじめ」という言葉のオブラートで包まれ、結果、「犯罪者」の側には罪悪感のかけらもないまま、被害者が大きな犠牲を強いられる図式になっています。

 これまで学校は「聖域」でした。「いじめ」が発生すると、そのこと自体がまるで学校の責任であるかのように論じられます。そのため、学校側が「いじめ」の存在を認知しても、見て見ぬ振りをしたり、あえて隠ぺいしたり…といった本末転倒、言語道断な「保身」が繰り返されてきました。

 しかし、まず、「いじめ」が発生すること自体は、必ずしも学校の責任ではないことを共通認識としてスタートすべきでしょう。そうでないと、「いじめ」の存在を認知し、問題解決に乗り出すという学校本来の役割が果たせません。「いじめ」の発生を知りつつ放置することは、「いじめ」の容認であり、また、これを隠ぺいすることは「いじめる側の生徒」の擁護であって、極論すれば「いじめ」に学校が加担することになります。

 もちろん、学校の「教育的権能」の中で解決可能なレベルであれば、それに越したことはありませんが、一部の生徒の「横暴」で学校内が席巻されてしまうことも珍しくない昨今、学校を「聖域化」して警察の介入を阻むことが、必ずしも正しい選択とは限りません。

 そこで、学校内では「言葉の言い換え」を避け、出来るだけ「いじめ」という言葉を使わないようにしてはどうでしょう。生徒たちに対しても「今回、あるクラスで、暴行・傷害・恐喝などの犯罪行為が行われていた事実がわかりました」と正確に伝えるのです。

 駄目なものは駄目、犯罪は犯罪…という強い姿勢で臨まない限り、大津市の中学校と同じような悲劇が繰り返されてしまう…と、私には危惧されてなりません。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 「不平等条約」の今昔 | トップページ | 「言い換え」が面白い? »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/55252684

この記事へのトラックバック一覧です: 「言葉の言い換え」があぶない:

« 「不平等条約」の今昔 | トップページ | 「言い換え」が面白い? »