« イジメは何時、何処にでもある! | トップページ | オスプレイがあぶない »

2012年7月13日 (金)

人間のことが大好き!

 私のブログの読者からお叱りを頂戴しました。「弁護士なのに感情的では?」というご批判でした。確かに面目ないことですが、結構「感情的な発信」をしているという自覚は、「しっかり」とあります。

それでも、まあ、法律的な問題をシビアに論議するためなら、それなりの「論文」を書くことに専念しないといけません。それが出来ない性格だからこそ、「ゆるいブログ」を書いているのでしょうね(笑)。

 そんなわけで、今回は、私が弁護士であること以前に「生身の人間」であることを強く主張したいと思います。

 実は、この秋の「神戸マラソン2012」に出場する「切符」を手にしましたので、久々にトレーニングを開始しました。走るのは仕事を終えた夜…ということになります。フルマラソンには過去6回出場しましたが、いずれも5時間超の記録です。今回は是非5時間を切りたい…などと、とんでもないことを考えているのですけれども(笑)。

 走ることは一面、苦しいことですが、他面では楽しいことだってたくさんあります。女性の美しい後ろ姿を見ながら「追い越したくない」という「煩悩」を振り払って追い越した刹那、振り返りたい衝動をキチンと抑え込んでいる自分の「ストイックさ」には感銘を受けます。…って、本当は振り返ることで失われるかもしれない「リスク」を回避したいだけかも知れませんが(笑)。

 ある時、後ろから「ボケぇ!なめとったらイテまうぞぉ!」と罵声を浴びせられ、ドキっとしたことがあります。振り返ると、自転車に乗った普通のアンちゃん(たぶん未成年)が、携帯電話に向かって罵声を浴びせているところでした。その「巻き舌」といい、声の大きさといい、現役の「893」に勝るとも劣らない「迫力」に、ただただ呆れてしまいました(笑)。

 先日は、ジョギング中に小3~小4くらいの男の子に追い越されましたが、後ろからぴったりと追ってくる自転車のライトが、常に男の子の足元を照らしていることには驚きました。さすが母親の愛…と少し胸が熱くなりました。

 そんなわけで、私は、生きとし生ける存在としての「人間」が、実は大好きなんですよぉ! そこんところ、どうぞヨロシク!

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« イジメは何時、何処にでもある! | トップページ | オスプレイがあぶない »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/55188824

この記事へのトラックバック一覧です: 人間のことが大好き!:

« イジメは何時、何処にでもある! | トップページ | オスプレイがあぶない »