« 尖閣諸島の今後…? | トップページ | 人間のことが大好き! »

2012年7月12日 (木)

イジメは何時、何処にでもある!

 子どものころ、「弱いものイジメをするな!」と教わりませんでしたか? でも、そもそも「弱いもの」を迫害するからイジメなんですよね。自分より「強いもの」に刃向かうのは「抵抗」とか「反骨」などと呼ばれ、イジメとは一線を画されますから。

 子どもの世界だけではなく、大人の世界にもイジメは存在します。その反面で、自分より「強いもの」に刃向かう、勇気ある大人の姿はあまり見受けられません。「長いものに巻かれろ」と言うのが「大人の選択」だからです。

それと同じ線上にあるという意味で、強いものが弱いものを迫害する…のは、むしろ大人の世界の方が、子どもの世界より執拗で過酷でしょう。つまり、イジメは人間社会に「つきもの」だと言っても過言ではないのです。

 子どもは大人の背中を見て育ちますから、イジメは決してなくなりません。結局は「そういうものだ」と諦観するほかないのです。たとえ、「モグラたたき」と呼ばれようとも、対処療法的にイジメをひとつひとつ退治・克服して行くより他に「手」はないのです。

 ですから「我が校にイジメはない」などと断言する教育関係者のことなど、アタマから信用できません。そういう人々は、イジメの事実から目をそむけ、イジメをする生徒を放置することで結果的に擁護し、現にイジメを受けている生徒を見殺しにしたうえ、「何もなかった」と強弁することで、みずからの保身を図っているに過ぎないからです。

 イジメは何処にでもある…という事実を前提にしなければ、真実の探求を誤ります。イジメがあった…という事実だけを取り上げて学校や教師を責めるのは大きな間違いです。そのような、誤った「責め方」が大手を振ってまかり通っているため、逆に、何とかイジメの存在を隠ぺいしたい…とする動きを推し進めてしまっているのです。

 イジメは特別な存在…という認識のもとでは、イジメに対する対処が遅れるのは当然のことです。むしろ、イジメは何時、何処にでもある…という認識を共通にすることでこそ、イジメに対する適切かつタイムリーな対処も可能になるのではないか…と私は考えます。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 尖閣諸島の今後…? | トップページ | 人間のことが大好き! »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/55182366

この記事へのトラックバック一覧です: イジメは何時、何処にでもある!:

« 尖閣諸島の今後…? | トップページ | 人間のことが大好き! »