« 新しい所得税をご存知ですか? | トップページ | 「ハイハイ商法」があぶない »

2012年7月29日 (日)

柔道にはガッカリ!!

 五輪中継に「くぎ付け」の状態ですが、柔道競技だけにはガッカリしています。いえいえ、決して日本選手団の成績のことではありません。柔道が本来の柔道らしくないので、観戦していてまったく面白くないのです。

 私は、高校時代、学校に柔道部がなかったため、神戸中央市民体育館の「柔道教室」に通っていました。私が小柄だったからでしょうか、師範の先生がたいへん目を掛けてくれて、メキメキと上達したように思います(笑)。

 柔道を経験した人には分かると思いますが、ちょっとした体重移動のスキを狙って技をかけるのが「コツ」であり、柔道の楽しさでもあります。上手に技が決まると、たいした力も必要とせず、軽々と相手を投げ飛ばすことが出来ます。「柔よく剛を制す」とはよく言ったものです。

 しかし、世界的に最上級者であるはずの五輪選手らの「柔道」は、もはや本当の「柔道」から掛け離れたもののように思えてなりません。極端な「引き」の姿勢であったり、無理な体勢からの「力技」であったり、観ていて「技の美しさ」が微塵もありません。

 お互いに牽制しあう姿や、腹ばいの姿勢を崩そうと躍起になる姿などは、むしろレスリングを彷彿とさせます。柔道の「レスリング化」などというとお叱りを受けるでしょうね。

 さらに、今回、不快に感じるのは、審判の「判定取消」が余りにも多いことです。聞けば、ビデオ室から審判にイヤホンで判定に対する「指示」が飛ぶのだとか。今回の五輪では「畳の外の審判委員」が驚くばかりの「存在感」を示しています。

 さて、いま、正にこのブログを書いている瞬間にも、一旦は韓国勢に3本上がった「旗判定」が、「畳の外の審判委員」の指示で「やり直し」になり、再度の「旗判定」では結論が180度覆って66kg級の海老沼選手に3本の旗が上がって準決勝進出を決めました。

 なんだか、「畳の外の審判委員」がいれば、主審も副審も要らないように思えてきます。正しい判定を目指す姿勢に否やはありませんが、せめて主審や副審自身が判断に迷った場合に限って「畳の外の審判委員」の意見を聞く…というレベルに留めておいた方が良いように思うのですが…ね。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 新しい所得税をご存知ですか? | トップページ | 「ハイハイ商法」があぶない »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/55309234

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道にはガッカリ!!:

« 新しい所得税をご存知ですか? | トップページ | 「ハイハイ商法」があぶない »