« 「イジメ」は無くせない! | トップページ | 泣き寝入りを防ぐために »

2012年7月25日 (水)

学校に期待してはイケナイ

 「イジメ」は無くせない…などと申し上げました。それでも、「イジメ」は「絶対悪」だと、私は考えています。無くせないから諦める…ではなく、無くせないものであっても、せめて減らす努力だけは怠ってはいけない…と私は考えます。

 「弱いものイジメ」という言葉が指し示すとおり、「イジメ」は「強いもの」と「弱いもの」を作り出します。「イジメ」の横行を容認することは、イジメる側とイジメられる側の関係をもって、ヒトとしての尊卑や上下の関係として固定してしまうことを許してしまうことにも繋がりかねません。

 実は、私の長男が小学6年生のころ、イジメられていた同級生をかばったことから、自身がイジメられる立場になったことがあります。ある日、学校から帰ってきた長男の上着の背中が鋭利な刃物で大きく斜めにスパっと切られていました。カッターかカミソリか、そんな刃物の傷でした。私たち夫婦が「切れた」ことは言うまでもありません。

 しかし、学校に「苦情」などは持ち込みませんでした。私たち夫婦で独自に「犯人」を探し出し、直接、その子の家に「殴りこみ」を駆けました。もちろん、暴力を振るったわけではありませんけれど(笑)。事実関係を明確にし、相手側の謝罪を引き出しました。学校には内緒にして欲しい…という相手側の要望も容れましたので、学校側は何も知らないまま無事に一件落着となりました。

 私たち夫婦にとって大切なことは、長男に対するメッセージでした。親として責任をもってオマエを守る。そのためには、色々なメニューを考えている…というメッセージを長男に受け止めてもらうことこそが、最も大切なことだったのです。

 その意味で、私たち親子の例は極めてラッキーだったと思います。子どもがイジメを受けている事実すら知らないまま、気がついたら子どもが傷ついて自ら死を選んだ…なんて、親にとっては二重にも三重にもショックなことでしょう。本当に他人事ではありません。

 学校にまかせておけば安心…というのは、もはや幻想です。学校に対する責任追求は「後の祭り」であって、もはや手遅れになってからのこと。本当に子どものことを考えることが出来るのはまさに両親だけなのです。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 「イジメ」は無くせない! | トップページ | 泣き寝入りを防ぐために »

弁護士のひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/55279302

この記事へのトラックバック一覧です: 学校に期待してはイケナイ:

« 「イジメ」は無くせない! | トップページ | 泣き寝入りを防ぐために »