« 特捜事件の取り調べ「可視化」 | トップページ | 大阪地検特捜部の暴走 »

2011年3月 3日 (木)

インターネットの匿名性?

 インターネットの「Yahoo知恵袋」に入試問題が投稿された事件で、使用された携帯電話の契約者が特定され、その息子(備校生)に対する逮捕状請求の方針が固まったようです。

 京都府警などは、Yahooから掲示板への接続記録の提供を受け、IPアドレス(ネット上の住所)から、ドコモ携帯電話からの投稿であることを突き止め、契約者の特定に至った…と報道されています。

 時間の問題だとは思っていましたが、それでもこんなに早く被疑者特定に至るとは驚きですね。わが国ではインターネットは「匿名性」が高いと誤解されがちですが、実はネットに接続した場合、自分側のIPアドレスが相手のサイトに送信されます。

 このIPアドレスから直接わかることは、プロバイダ名と地域程度なのですが、IPアドレスによっては、企業や大学などに割り振られているものがあり、その場合は接続元情報が直接得られてしまいます。

 また、プロバイダ名がわかれば、プロバイダへの照会により個人情報に至ることが出来ます。プロバイダがみだりに個人情報を漏えいすることはありませんが、警察や裁判所が介入した場合はその限りではありません。このように、IPアドレスは公開される可能性があることをもっと知ってもらうべきなんでしょうね。

 「匿名性」を隠れ蓑にして、ネット上で犯罪予告をしたり、今回のような愚かな行為に及んだりしても、あとで必ず身元が割れてしまうことが判れば、同じような犯罪が繰り返されることはなくなると思うのですが…。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 特捜事件の取り調べ「可視化」 | トップページ | 大阪地検特捜部の暴走 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/51019028

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットの匿名性?:

« 特捜事件の取り調べ「可視化」 | トップページ | 大阪地検特捜部の暴走 »