« 監視される社会への道 | トップページ | 目黒夫婦殺傷事件と防犯カメラ »

2011年2月 9日 (水)

なつかしい出会い

 今日は、本当になつかしい出会いがありました。阪神淡路大震災前のことなので、もう17~18年も前の依頼者さんなのですが、古い事件に手続上の不備があり、その依頼者さんの署名押印が必要な書類があったため、ご本人の所在をあちらこちら探していたところ、90歳で今もご存命でいらっしゃる事実が判明しました。

 書類を郵送しようか…とも思いましたが、住所を見ると事務所からそれほど遠くないし、昔から単身でお住まいであることも判っていましたので、思い切って私自身が訪ねてみることにしました。

 ところが、ご自宅の郵便受けには郵便物などがあふれており、チャイムを鳴らしても返事がありません。電気メーターは僅かながら動いており、冷蔵庫くらいは稼動している感じで、逆に不安は募ります。

 おそるおそる管理人さんに尋ねてみると、「あ、○○さんなら、△△病院に入院してはるよぉ」ということで、一安心してすぐに病院に走りました。本当に17~18年ぶりなので、私のことを憶えて下さっているか、大いに疑問でしたが、自己紹介すると「はいはい、憶えてますよぉ」と、にっこり笑ってしっかりしたお答え。本当にうれしかったです。

 あわてて事務所を飛び出したため、署名押印を頂戴すべき書類を持参するのを忘れたというオチが着きましたが、おかげで、また来週、お見舞いに行くことができます。「おばあちゃんになったでしょ?」と笑う笑顔はとても素敵でした。私も十分「オジサン」になったことですし(笑)。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

|

« 監視される社会への道 | トップページ | 目黒夫婦殺傷事件と防犯カメラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544676/50824713

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしい出会い:

« 監視される社会への道 | トップページ | 目黒夫婦殺傷事件と防犯カメラ »